政治家でなく、政治屋稼業に過ぎない夫婦。

彼らがいかなる言葉を尽くそうとも、結局は金権政治の元凶である故・田中角栄が築いた地盤・看板・カバンを引き継いだだけの「政治屋」という誹りは免れない。

元々、田中真紀子が外務大臣の時に外務省を機能不全にさせて、小泉内閣の足を引っ張った実務能力の欠如には呆れていた。しかも、政局ではいつも勝ち馬にホイホイ乗り換える腰の軽さ、そして、当事者意識や責任感を全く感じさせない、政敵に対するネガティブキャンペーン的な誹謗中傷のコメントや演説・・・という印象だけであり、国政に対して何をしたいのか全く伝わって来ない。結局は田中角栄と同じ政治屋ビジネスモデルを踏襲していて、地元への利益誘導しか無いのだろうと思う。それなら、田中真紀子は県知事を目指すべきだ。


<衆院選>民主公認で田中真紀子氏出馬へ、夫直紀氏も入党
2009年8月15日 02時30分

 衆院新潟5区の前職で元外相の田中真紀子氏が30日投票の衆院選に民主党公認で立候補することが分かった。昨年10月に自民党を離党した夫の田中直紀参院議員も民主党に入党する。同党の鳩山由紀夫代表が15日に新潟県長岡市を訪れ、両氏とともに発表する。
 真紀子氏は03年に自民党を離党し、同年と05年の衆院選は無所属で当選。国会では民主党の会派に所属するが、入党はしていなかった。直紀氏は「衆院選で真紀子氏らを応援するため」として離党した。【山田夢留、岡田英】
[PR]

by darkmind628 | 2009-08-15 12:45  

<< 素晴らしい結果。 自民党の分裂、そして政界再編の予感。 >>