郵政復古と郵政改革の綱引き

鳩山サンにとって亀井サンの役割は、小沢サン対策と受け止める。小沢サンの豪腕暴走をけん制し、抑える役割だ。その副作用として、亀井サンの郵政復古を覚悟したわけだ。

鳩山サン的には、郵政の民営化の方向としても、小泉路線では激し過ぎる、という中庸路線なのだろう。TVで「郵政"改革"担当相」と報じられているのを見て笑った。それを言うなら「郵政復古担当相」だろうが、鳩山サンなりにけん制したのだろう。

それにしても鳩山サンの意を汲んだ所轄大臣(総務相)がいる一方で、郵政復古させたい人が郵政担当相というのはネジれている。亀井サンは、どのみち参院選の前後で政権支持率の脚を引っ張っているという名目で、更迭のみならず国民新党の連立離脱を含めて斬られるだろう。小沢サンは「誰とでも寝る」男だが、誰とも心中しない男だ。亀井サンにしてみれば、だからこそ既成事実化を焦っているのだろうが、原口サンが体を張ってタックルしているようなものだと思う。


<郵政事業>早くも不協和音 原口総務相と亀井担当相
2009年9月18日 13時04分 ( 2009年9月18日 18時54分更新 )

 日本郵政の経営形態の見直しを巡り、亀井静香金融・郵政担当相が18日の閣議後会見で、原口一博総務相が17日夜に出演したテレビ番組で示した見直し案に対し「担当大臣は私。あの方の個人的な意見だ」と不満を漏らす一幕があった。原口総務相もこれまで「新しい郵政事業の改革法案を(亀井担当相と)協力しながら出す」と話してきたが、連立政権発足3日目にして早くも不協和音が響いた。
 原口総務相は17日夜のテレビ朝日の報道番組で、郵便局の全国網を維持するため「持ち株会社と郵便局会社、郵便事業会社を一緒にする」との見直し案を明らかにした。
 しかし、国民新党内では、ゆうちょ銀行とかんぽ生命の2社も含めて一つの会社に統合する考えも根強く、亀井担当相は「(郵政民営化見直しは、原口総務相の)主管事業ではなく、絵を描く立場でもない。もちろん相談はするが、責任は私にある。そういう意味では白紙」と反発。一方、原口総務相は18日の閣議後会見で「一つの例です」と繰り返し、火消しに追われた。【望月麻紀】
[PR]

by darkmind628 | 2009-09-19 07:54  

小泉サンは、宣言通りに自民党を... >>