お粗末。民主党のやることは、まるでガキの「政治ごっこ」だ。

軽い。カル過ぎる。

自民党・反小泉派の陰謀説も考えられる。自民党の反小泉勢力が、武部氏を失脚させるか、もしくは民主党を自爆させるために、刺客としてフリージャーナリストにガセネタを持たせて民主党へ送り込んだ・・・、というシナリオだ。真偽がどっちに転んでも、自民党の反小泉勢力にはプラスだ。そうだったとしても、引っかかる方が悪い。

メールなんて、先ずは信憑性を入念に確認するのが当然なのに、信憑性を立証する確証もなく発表して墓穴を掘るなんて、あまりに稚拙だ。民主党執行部はガセネタを想定できなかったのか?
メールの信憑性を立証するために最低限必要な情報が黒塗りしてあるうえ、いかにもホリエモンのモノマネっぽい、かる~い文面。永田サンは、メールのワザとらしさと胡散臭さを感じなかったのか?信憑性を立証できなかったら、どういう事態になるのか想定できなかったのか?
それすら先読み出来ないなら、なおのこと政治家が務まるハズがない。そういう意味で、辞職は当然だ。「もう一度出直す」だと?冗談じゃない。政治家のセンスが無い事を身をもって国民に曝したのだから、政界を引退すべきだ。政治センスの無い人が鼻息荒くガキみたいな事をして、政治を混乱させるのは非常に迷惑だ。こういう議員がガチャガチャやっていたら、諸外国からナメられて国益を損ねるし、日本の品位を損ねる。

病み上がりの日本で、極めてデリケートな国政運営が必要な局面なのに、前原サンにガキの遊びで政治をやられたら、民主党の党内運営と同様に日本の政治がグチャグチャになる。前原サンには、サッサと一派を引き連れて自民党へ移って、先ずは小泉サンのカバン持ちから政治のイロハを修行し直せと言いたい。

寄り合い所帯の民主党は成り立ちから政策が自己矛盾するのが明らかなので、最初から政権なんて有り得ないと思っていたが、それでも前原サンの勢いの良さに多少の期待を込めて民主党を見ていた。だが、少なくともオレは完全に見切った。自民と民主の二大政党に絶望した。民主党には、やっぱり労組系の旧社会党がお似合いだ。内輪モメして自爆するのが毎度のオチだ。現に、立場の民主党内で執行部と違う連中は、執行部に対して露骨に冷ややかだ。

これまで何度も指摘してきたが、民主党は次の通りの寄り合い所帯だ。こういう連中の集まりに一体、何が出来るのか?絶対に政権運営は出来ないと確信する。

(1) 労働団体の代表者。旧社会党系。この人たちは永遠の労働者であるため、経営者たる政権運営者には成り得ない。シュプレヒコールと野次と批判しか出来ない。

(2) 菅サンを象徴とする、市民団体の代表者。目先足元で耳心地の良い小市民的なテーマしか出来ない。自営業のセンスで国を経営したところで、最初は市民ウケが良くても最後は大局を見失って破綻する。細川政権のように最後は財務省をはじめとする官僚に裏で操られて国民の支持を失い政権を投げ出すことになるだけだ。実際、ちょっと行き詰ると「責任を取る」とカッコ良く言って、早め早めにスグ辞める。実は無責任でエエカッコしいなだけだ。

(3) 小沢サンを象徴とする、かつて自民党で野心を果たせなかった落ち武者連中。この人たちは、権力志向が強いだけの政治屋だ。権力者としてオイシイ思いをしたいだけで、要は田中角栄を再現したいだけなのだ。もはや時代から根本的にズレている。今どき大学の構内で、ヘルメットをかぶって立て看板の前で全共闘を再現しようとする位、ズレている。

(4) 現執行部一派を象徴とする若手。「3バン」が乏しく若さと目新しさしか売り物が無かった、ミーハーで軽薄な政治家志望者。政権の中枢にいる政治家になりたいけど、自民党で下積みの苦労を味わいたくない一心から民主党にエントリーしただけの連中。概して官僚出身が多く、偏差値が高くて見た目がスマート。どうでも良い事には弁舌爽やかだが、とにかくミーハーだから、我慢と辛抱が苦手で根性が続かない。キザでスカした連中だ。過日の選挙で大量当選した「小泉チルドレン」の厚遇ぶりを見て、「こんなことなら最初から自民党で出馬すれば良かった」と、地団駄を踏んで悔しがって、民主党にいることを心底後悔したのは、前原一派のハズだ。


本当は、ポスト小泉候補のカラーの違いが、そっくり二大政党の対立軸になれば良いのだ。
オレは財政改革に対するアプローチの違いを争点にするのが最も良いと思う。小泉コピーの継承路線で構造改革の詰めをしながら、手順として歳出削減を優先するのか、それとも、財務省の言いなりになって今から増税策を打ち出すのか、これを争点に二大政党レベルで議論して、国民投票のごとく国政選挙で白黒つけて欲しい。そういう意味では、次の総裁選挙こそ本当の国政選挙だ。このまま行ったら、将来は自民党の総裁が実質的に日本の大統領みたいになって、総裁選挙が大統領選挙になってしまうかも知れない。すなわち、国政に関心を持つ有権者が自民党員になって、総裁選挙の投票行動で民意を示すようになるかも?自民党執行部の将来戦略かも知れない。

いずれにせよ、オレにとっては靖国問題を含むアジア外交の軌道修正なんて二の次だ。外交は机上の戦争。それを平和ボケして友好親善ばかり標榜しているから、カネばかり巻き上げられた挙句、国際的にナメられるのだ。日本の強味は経済力と技術力、そして本来は労働力の質の高さと生産性の高さだったハズだ。こういう強味を磨き上げずに外交という「机上の戦争」で勝てるワケがない。

要は諸外国が「日本の言う事を聞かないと国が滅びる」とまで思うような力関係になるために、徹底的に日本の国力を強化しないと、外交問題を優位に解決できるわけがない。友好親善とは、外交の勝敗が決まった時の祈念イベントに過ぎないハズだ。

そういう意味で、日本の財政がファンダメンタルズの根源なのだから、これを健全化させる道筋をつける事が最重要だ。ワイドショー的に目先の問題でガチャガチャやってる場合じゃない。そして、今の民主党は元々根本的に立場が違う人の寄せ集めである以上、財政改革は民主党には絶対に解決出来ない問題なのだ。


永田氏が議員辞職の意向 民主、メール問題で [ 02月23日 12時18分 ] 共同通信
Excite エキサイト : 政治ニュース

 民主党の永田寿康衆院議員(36)=比例・南関東=は23日、ライブドアの送金指示メール問題で、メールの信ぴょう性の立証が困難として、議員を辞職する意向を党幹部らに伝えた。
 これを受け党執行部は、緊急役員会を開き対応を協議、鳩山由紀夫幹事長に一任することを決めた。メール問題は、これを取り上げた永田氏の進退問題に発展、民主党にとって打撃となった。
 永田氏は今月16日の衆院予算委員会で、ライブドア前社長の堀江貴文容疑者が武部勤自民党幹事長の二男への送金を電子メールで指示していたと追及したが、メールの信ぴょう性を裏付けることができず、引責は避けられないと判断したとみられる。
 民主党国対幹部によると、永田氏は「辞職を決めた。もう一度出直す」と話している。


永田氏が議員辞職の意向 送金指示メール問題 [ 02月23日 13時10分 ] 共同通信

 民主党の永田寿康衆院議員(36)=比例南関東=は23日午前、ライブドア前社長の堀江貴文容疑者が武部勤自民党幹事長の二男に送金を指示したとして提示した電子メールの信ぴょう性を立証できなかったことの責任を取り、議員辞職する意向を党側に伝えた。ただ民主党執行部は辞職の是非やタイミングは慎重に判断すべきだとして結論を先送りするよう求め、永田氏もこれに従うことにした。
 執行部としては永田氏辞職はメールが偽物だったことを事実上認める形となるだけに、22日の党首討論で「資金提供の確証を得ている」と言明した前原誠司代表ら幹部の責任問題に波及することを強く懸念したとみられる。ただ永田氏の進退問題に発展したことは、民主党に大きな打撃となりそうだ。


民主党の永田議員が辞意・「送金メール」証拠示せず

 ライブドア前社長の堀江貴文容疑者から武部勤自民党幹事長の二男への資金提供疑惑を提起した民主党の永田寿康衆院議員(36、比例南関東ブロック)は23日午前、執行部に議員辞職する意向を伝えた。理由は明確にしていないが、送金を指示したとされる電子メールが本物である証拠を示せない責任をとらざるを得ないと判断したようだ。

 国会戦略を立てた野田佳彦国会対策委員長や、「確度のある情報」と明言した前原誠司代表への風当たりが強まるのは必至。与党は民主党批判を強める構えで、執行部刷新論に発展しかねない情勢だ。

 同党は国会内で緊急役員会を開き、野田氏が永田氏の辞意を報告。対応を鳩山由紀夫幹事長に一任した。永田氏が議員辞職するとメールの信ぴょう性のなさを認めることになるため、状況を見つつ、永田氏に冷静な対応を促していく方向だ。永田氏は同日、同僚議員に「自分は辞める。また選挙に出る」と語り、午前11時に記者会見を開く意向を示した。しかし急きょキャンセル。昼の党代議士会にも姿を見せなかった。 (13:32)


<堀江メール>民主党の永田議員、辞職の意向伝える [ 02月23日 11時31分 ]

 民主党の永田寿康衆院議員(36)はライブドア前社長の堀江貴文被告から武部勤・自民党幹事長の二男への「送金」メール問題で、メールの信ぴょう性が疑われたことなどを理由に議員辞職の考えを同党幹部に漏らした。これを受け、民主党は23日午前に緊急役員会を開き、永田氏の進退を鳩山由紀夫幹事長に一任した。
 緊急役員会終了後、鳩山氏は永田氏の進退について「永田氏は(メールが)真実かどうかに関して補強材料が出ていない状況を深刻に考えているが、まだ結論を出すべき時ではない。情報を見ながら、本人の意向を私なりに判断して結論を出したい」と述べ、慎重に判断する考えを示した。
 執行部は、永田氏が辞職した場合、党としてメールが「偽物」と認めた印象を与えかねない点も考慮し、当面は辞職を認めない方向。ただ、メール問題にかかわる新たな情報や党内外の反応などによって状況が変化する可能性もあり、最終的な判断は不透明だ。


<党首討論>メール「偽物」可能性強まる 真偽論争を回避 [ 02月23日 01時50分 ]

 ライブドア前社長の堀江貴文被告のものと民主党が指摘した「送金メール」問題で、久々に注目を集めた小泉純一郎首相と民主党の前原誠司代表との22日の党首討論。前原氏は、堀江前社長が自民党の武部勤幹事長の二男に3000万円の送金を指示したとされるメールの内容を裏付ける新証拠を示さず、真偽論争を避けた。国民は肩すかしを食い、メールの偽物説が強まった形だ。このまま新証拠が開示できなければ、前原代表ら民主党執行部の責任が問われるのは必至な情勢だ。【尾中香尚里、須藤孝、田中成之】
 「メールのみならず情報分析をしている」。党首討論を終えた前原氏は記者団に対し、真偽論争を避けた理由を説明した。前原氏自身が言明した「メール自体の信ぴょう性」に、自らも頼り切れないことの裏返しとも聞こえる苦しい論法だった。
 16日の衆院予算委でメールの存在を指摘した永田寿康氏が報道陣に配ったのは、自らパソコンで打ち直したメールの本文だけ。自民党は当初から「メールは偽物」と激しく批判した。
 永田氏は翌17日の再質問で有効な反撃ができなかった。野田佳彦国対委員長は同日夜、メールのコピーを公表したが、本物なら堀江前社長を示すことが明白なはずの送信者欄を黒塗りにしたためかえって「偽物論」を加速させた。自民党は平沢勝栄衆院議員が永田氏と同一というメールを入手し、「メールは偽物」との主張に説得力を持たせた。
 永田氏が情報提供者とは友人のフリー記者を通じて接触したと発言し、直接会っていないとみられることも、情報の精度に対する詰めの甘さを党内外に印象付けている。党内からは「永田に(質問を)やらせたのが間違いだった」という声が、公然と出始めた。
 これ以上メールの真偽論争にこだわり続ければ不利になると判断した民主党は20日夜、前原氏や鳩山由紀夫幹事長ら幹部が東京都内で「メール問題」への対応を協議。メールが本物だと立証するのは困難とみて、銀行口座の情報をテコに「資金の流れ解明」に焦点を当てる戦術に転換した。
 「党首討論でえげつないことをするのはどうか」。党首討論を前にした22日の執行部の協議では、玄葉光一郎幹事長代理らがメール問題に触れないよう進言したが、前原氏は「触れないわけにはいかない」と党首討論に臨んだ。しかし、この問題を取り上げたのは終盤のわずか10分足らず。党内では「作戦ミスだ。あれでは逃げたと思われてしまう」(中堅)との声も漏れた。
 ◇民主…執行部批判再燃も
 党首討論を聞いた民主党内には「(信ぴょう性について)あそこまで強く言っていたのにがっかり」(中堅)と、事態打開につながらなかったことへの失望感も出始めた。
 前原氏への不満の一つに、党運営の中枢を若手側近で固める政治手法がある。今回、メール問題を事前に把握していたのがごく一部の幹部だけだったことも、こうした党運営批判と結びつきそうだ。幹部の1人は「うちの党も稚拙だな。『(前原)チルドレン』がしっかりしないと」と、若手中心の党運営に不満を漏らす。
 ただ、あからさまな「反前原」の声は現時点では少ない。党全体が危機にあるだけに「ミスに乗じて足を引っ張ろうとしていると思われたくない」(中堅)というわけだ。旧社会党系関係者も「今動けば非難される。ここ2、3日は政局的な動きはない」との見通しを示す。
 前原氏に批判的な小沢一郎前副代表に近い若手議員グループ「一新会」は、党首討論前の22日昼の緊急幹事会で「いざという時は代表を支える」ことを確認した。出席した松木謙公衆院議員は「言いたいことがあっても、我慢して団結することが大切。小沢先生もそう望んでいる」と語る。
 とはいえ、党内の多くは当面「様子見」を決め込んでいるとみられる。小沢氏に近い中井洽前副代表は「地元で聞かれたら(メールは)偽だと言っている。国民にどう説明するのか、代表が自分で考えることだ」と突き放した。
 メール問題を指摘した永田氏はこの日も国会に姿を見せなかった。新たな情報を開示できなければ、批判の声がさらに勢いを増しそうだ。
 ◇余裕の自民「勝負あった」
 「(民主党の質問には)何も新しいものがない。国民を欺くような印象で、本当に憤りを感じる」――武部氏は党首討論後、記者団にこうぶちまけた。二男への資金提供問題が焦点なだけに、武部氏は委員会室まで足を運び、質疑中、前原氏をにらみ続けた。
 自民党の細田博之国対委員長は記者団に「(二男)本人が『この口座番号で(入金記録を)出してくれ』と言えば、銀行は出す」と述べ、二男と民主党関係者が一緒に金融機関を訪ねる案を示した。
 自民党は「資金提供の確証を得ている」と明言した前原氏の質問に対し、懲罰動議の提出も検討している。「勝負あった。待てば待つだけ、民主党の論理が苦しくなる」(国対幹部)として、時間をかけて追及しようとする動きも出ている。
 「メールはどうした」「(証拠を)出せよ」。党首討論では、与党席から怒号やヤジが相次いだ。騒然とした委員会室で、小泉首相は「(民主党が)証拠を出せば、国政調査権を行使するまでもなく分かる。前原代表もしっかり頑張って頂きたい」と余裕を見せた。安倍晋三官房長官は会見で「全く期待は裏切られた。メールは本物でないという認識が深まった」と批判した。
[PR]

by darkmind628 | 2006-02-23 13:33  

<< 民主党と二大政党の未来予想図。 支持者への手前、堂々と総裁選に... >>